新婦
新郎
お問い合わせ
カワイアハオ教会 Kawaiahao Church

カワイアハオ教会Kawaiahao Church

その昔、ハワイ王朝の戴冠式や結婚式の舞台ともなった、伝統を肌で感じることのできるオアフ島最古の教会。重要文化財にも指定されています。珊瑚でできた外壁を持ち、優しさと威厳を兼ね備えた姿は、オアフ島のトレードマークの一つとして親しまれています。ハワイ語で礼拝が行われる数少ない教会の一つでもあり、格式あるハワイアンウエディングを望むカップルにはここ以上にふさわしい教会はないといえるでしょう。

王室でも使われた最高のロケーション

建造は1842年。その14年後の6月19日にカメハメハIV世とエマ女王の結婚式がここで盛大に執り行われました。カメハメハ大王像やイオラニ宮殿から近く、また、教会が建つ20年程前にアメリカ本土から訪れた宣教師がはじめて布教をしたという歴史ある場所です。内部は2階席もあり圧巻の広さ。とはいえ、控えめな内装がハワイらしさを強調しています。注目したいのがハワイ王朝のシンボルである「カヒリ」と呼ばれる赤と黄色の鳥の羽でできた飾り。このカヒリが置かれている教会はオアフ島ではここだけ、ハワイ州全体でも3カ所のみです。歴代の王族の肖像なども飾られ、王室とのつながりの深さが伺えます。2階から荘厳な調べを響き渡らせるパイプオルガンは2,500本ものパイプでできています。 入り口は誰でもウエルカムなので、後ろで式を見守っていた信者や観光客からも祝福を受ける、そんな感動的なハプニングもこの教会ならではの良さです。

カワイアハオ教会Kawaiahao Church

この教会では、フラワーシャワーが絶対おすすめ!一生の宝物となるような素敵なフォトが撮れるんです。オアフ島最古の重要文化財に指定されている教会として、観光客が訪れるほど見ごたえのあるここなら、ゲストの方も喜んでくれること間違いなし。(Saeko)

Chiaki

J-1071サテンの光沢を生かし、マーメイドスタイルのドレスにフリルをふんだんにあしらいました。片側だけの花のストラップが大人っぽい印章になります。(Chiaki)
J-1071J-1071J-1071

ドレスナンバー:J-1071

建造年 1842年
収容人数 約 1,500 人
演奏楽器 パイプオルガン
ステンドグラス なし
バージンロード 赤、24メートル
対応言語 日・英
挙式可能な日 月~土:10時、11時、12時、13時、14時、15時、16時
日:13時、14時、15時、16時
※教会行事日を除く(要確認) 
※ハワイ州祝祭日の挙式には追加料金が必要となります
ワイキキからの距離 車で15分( ダウンタウン)

※参列者が35名様以上の場合は、挙式を2時間枠でご手配ください。
料金
挙式一式$1,450
下記の日はホリデーチャージ$750が追加でかかります。
2017年(2/20,3/26,3/27,4/14,5/29,6/11,6/12,7/4,
8/18,9/4,11/10,11/11,11/23,12/25,12/31)
2018年(1/1)
  • 教会使用料
  • 結婚証明書
  • 牧師先生謝礼
  • シンガー謝礼
  • オルガン奏者謝礼
  • 挙式コーディネイター
  • 介添え人
  • 新郎新婦用リムジン(ホテル~会場間往復)
  • 税込

お得な衣裳セットプラン$2,200
下記の日はホリデーチャージ$750が追加でかかります。
2017年(2/20,3/26,3/27,4/14,5/29,6/11,6/12,7/4,
8/18,9/4,11/10,11/11,11/23,12/25,12/31)
2018年(1/1)


挙式一式プラス下記のサービスを含みます。

  • 挙式一式+新郎・新婦衣裳一式 
    現地ご試着でオーシャンウエディングのレンタルドレスとタキシードの中からお選びいただけます。(小物なども含む)

※現地試着/現地決定が基本となりますので、事前予約はお受けできません。
※2018年3月31日挙式までの価格となります。


オーシャンブログ


ご質問はこちら!
前のページに戻る